影まねジオアワード 2018
ジオ・1 部 門

[ 受賞者 ]

朝岡 珠悠

(茨進つくば市)


[ 受賞作 ]

びっくりばこ

審査員コメント

箱から勢いよく飛び出す様子が、うまく表現されています。バネの動きや飛び出してきたものが少し笑っている顔
のように見えたり、シンプルながらにも形に作者のこだわりを感じます。ジオ1は11ピースと使えるピースが少な
い中で、作りたいものを限られた形とピースで再現する造形センスは今回ピカイチでした。これからもこのビックリ
箱のように朝岡さんには私たちをびっくりさせるような作品をつくってほしい、そんなことを感じた作品でした。

[ 受賞者 ]

古田 愛奈

(東京都お茶の水)

[ 受賞作 ]

かたつむり

審査員コメント

かたつむりは今まで何作品も見てきたのですが、かたつ
むりの殻の渦巻きがうまく表現されていたので、とても
票が集まりました。シルエット(形)だけではなく、「か
たつむりらしさ」を考えて作られたことがわかる、素晴
らしい作品です。

[ 受賞者 ]

洲﨑 俊仁

(茨城県つくば市)

[ 受賞作 ]

聖火

審査員コメント

水や風や炎といった自然物をジオで作ることは難しいの
ですが、この作品は大小の三角形を組み合わせてできた
凹凸を使い、メラメラと燃える有機的な炎の形を見事に
表現しています。ピースの使い方にとてもセンスを感じ
られました。

[ 受賞者 ]

加藤 尚継

(神奈川県川崎市)

[ 受賞作 ]

まわるコマと台

審査員コメント

台があることで、コマ回しの様子がとても伝
わる作品です。コマが少し傾いているのもポ
イントでした。

[ 受賞者 ]

荒井 羽音

(茨城県守谷市)

[ 受賞作 ]

ぶた

審査員コメント

ぶたの特徴である鼻を大胆に表現していて、
とてもユニークな作品です。影と影になって
いないところを上手く利用しています。

[ 受賞者 ]

辻 はにい

(石川県金沢市)

[ 受賞作 ]

ウクレレ

審査員コメント

ウクレレのひょうたんのような形を、大小の
三角形を使い上手く表現できています。丸み
を感じさせる作品です。




ジオ2 部門

[ 受賞者 ]

清峰 壮志

(東京都お茶の水)


[ 受賞作 ]

オーバーヘッドキック

審査員コメント

ジオ2 はピースの種類も多く大小様々なので、複雑な形も作ることができます。その長所を最大限に利用し、腕の曲
がったところ、膝、上がった足の角度など、人体をよく観察し細かな動きを再現している素晴らしい作品です。まさ
に今シュートをしているという躍動感も大変伝わります。サッカー好きにはまさに憧れのシュート。こんなシュート
が決められばいいなぁと思ってしまうような、理想のオーバーヘッドキックです。

[ 受賞者 ]

加藤 尚継

(神奈川県川崎市)

[ 受賞作 ]

バタフライを泳ぐ人

審査員コメント

泳いでる人を真正面からみて、バタフライの腕を大きく
回しながら進んでいく様子が、とてもリアルです。影が
つながっていなくても、水面から出ている腕、ゴーグル
や帽子など、動きがとても伝わってくる作品です。

[ 受賞者 ]

真鍋 恵司

(東京都お茶の水)

[ 受賞作 ]

2本のきのこ

審査員コメント

道にひょっこり生えているような、さりげな
さを感じるきのこですね。

[ 受賞者 ]

宇佐美 芽衣

(東京都高田馬場)

[ 受賞作 ]

イルカと波

審査員コメント

波をつけることによりイルカの躍動感が増し
て見える作品です。




ジオアート 部門

[ 受賞者 ]

城田 識温

(東京都お茶の水)


[ 受賞作 ]

サーフィン

審査員コメント

波に青、太陽には赤、人やサーフィンボードなどジオのカラーを使ってそれぞれの物のイメージをしっかりと表現し
ている作品です。波の形や、その波に合わせてボードの角度をつけたりと、動きにもとても工夫が見られ、すばらし
い観察力です。作者はサーフィンをしたことがあるのでしょうか?そうでなくても鑑賞者がなんだか波乗りがとても
楽しそうに見えてしまう、すてきな作品に仕上がっていると思います。

[ 受賞者 ]

野原 大暉

(石川県金沢市)

[ 受賞作 ]

ソリにのったサンタクロース

審査員コメント

色と形、とてもバランスよく作られた作品です。サンタ
クロースが担いでいる袋の傾きや帽子の形など、どこと
なく忙しそうなサンタに見えますね。2種類のジオの形
の特徴をしっかりおさえた作品になっています。

[ 受賞者 ]

浅沼 優来

(埼玉県南浦和)

[ 受賞作 ]

サソリ

審査員コメント

手足やはさみ等、サソリの毒々しさが伝わっ
てくる作品です。

[ 受賞者 ]

古田 愛奈

(東京都お茶の水)

[ 受賞作 ]

ポンポンを持って踊っている私

審査員コメント

2個以上のジオを使っているので、動きにダ
イナミックさがあります。



影まねジオアワード 2018 を終えて


今年度の影まねジオアワードは、前回よりもジオ2・ジオアートの応募作品がたくさん集まり
ました。ジオ2 はピースの種類も数もジオ1 より多く、面白い形、不思議な形の作品ができます。
審査員も驚き、感心するような作品がたくさん届きました。
ジオアート(ジオ1+2)部門は、より多くのピースを使ってさらに自由度が高まった部門ですが、
どの作品もピースを持て余すことなく工夫に満ちた内容となっていました。形にこだわった作
品と、色に工夫を凝らした作品とで最優秀賞(グランプリ)の選考は大いに難航しました。
ジオを使った作品は、まだまだ可能性にあふれていることを実感させられた今回のコンクール
でした。みなさんの工夫と想像力に敬意をもちつつ、そして次回のジオアワードに更なる期待
をもって挨拶にかえさせていただきます。
応募して下さったすべての皆さん、すてきな作品をありがとうございました。また次回お会い
しましょう。

受賞されたみなさんの教室には「影まねジオアワード2018」特製認定証をお送りいたします。
どうぞお楽しみに。
ページTOP